べびーあいらんど

2018/10/04 公開

新米ママ必見!出産前に揃えたいベビー用品(授乳編)

初めての出産を控えた新米ママさんは、産まれてきた赤ちゃんのために何を揃えておくべきなのか、悩むことも多いでしょう。そういう時は、先輩ママにアドバイスをもらうのがベスト!
しかし、自分の周りにアドバイスを聞ける先輩ママが都合よくいない場合もあります。今回はそんな悩み多き新米ママさんのために、出産前に揃えておきたいマストバイアイテムをご紹介します。

ミルク

あれもこれもと悩む前に、まず赤ちゃんの立場になって考えてみましょう。
産まれたての赤ちゃんは、自分ではまだ何もすることができません。そんな赤ちゃんにとって、最低限なくてはならないものが「食事」でしょう。

粉ミルク

母乳で育てるつもりの方でも、粉ミルクは準備しておいた方がよいでしょう。特に最初のお子さんの場合にはなおさらです。というのも、母乳は最初からうまく出てくれるとも限りません。母乳だけでは足りないというときには、粉ミルクがあると便利なんですよ。
また夜中に赤ちゃんが起きてしまったときにも、もし粉ミルクを用意していれば、ご両親や旦那様にミルクを作ってもらって、寝かしつけをお願いすることもできます。中には母乳しか受け付けないという子もいますが、やはり必需品として準備しておくことがオススメなんです。

哺乳瓶

粉ミルクを用意したら、同時に哺乳瓶も用意しておきましょう。哺乳瓶にも種類があって、大きくは「ガラス」製の哺乳瓶と「プラスチック」製の哺乳瓶の2種類があります。特にどちらが良いというわけではありませんが、こだわりがなければ最初はプラスチックの方が良いかも知れません。理由は、落としても割れにくいためです。
また粉ミルクからミルクを作るのに、冷たい水では溶けにくいため、最初は熱いお湯を注ぐことになります。その時に、ガラスだと熱くて持てない場合もあるかも知れません。粉ミルクは、熱湯で溶かしてから人肌まで冷ます必要があります。その時に、ガラスよりも熱が伝わりにくい(熱伝導率が低い)プラスチックの方が使いやすいでしょう。
もちろんガラスよりも軽いというのも、メリットの1つです。ただし「傷がつきにくい」、「清潔さ」を求めてガラス製を好んで使う方も多いようです。それぞれのメリットとデメリットを考えて、どちらの哺乳瓶にするか選びましょう。
哺乳瓶

哺乳瓶洗剤

哺乳瓶とセットで購入するのが、哺乳瓶の洗剤・消毒のグッズです。哺乳瓶はかなり洗いにくいもの。赤ちゃんのために常に清潔にしておきたいと思っても、普通の中性洗剤とスポンジでは隅々まで洗うことはできません。そのため、哺乳瓶用の洗剤とスポンジを購入するようにしましょう。
その時に、消毒用の薬液を購入しておくこともお忘れなく。産まれたての赤ちゃんは免疫力が弱いため、感染症などの予防のためにも、消毒は有効でしょう。当然「煮沸消毒」でも良いのですが、面倒なだけでなく熱湯を扱うのは危険性もあるので、できれば赤ちゃん用の消毒薬液を購入しておくことがおすすめです。

搾乳器

搾乳器を知らないという方は少ないでしょうが、自分に必要なのかどうか悩んでいる人は多いでしょう。母乳を直接飲ませてあげるのが、赤ちゃんにとっては一番自然な方法です。しかし色々な理由で、それができないこともあります。例えば、ママの乳首の固さや形、また赤ちゃんの吸い込みの力などによっても、直接母乳をあげることができないこともあるのです。
そのようなときには、搾乳器を使って母乳をいったん出しておいてから、哺乳瓶で赤ちゃんにあげるようにすると便利です。お仕事によっては授乳期間中に復帰しなければならない方もいます。そのような時、母乳が出て困ることもあります。またおっぱいが張ってしまって困るママも大勢いるんです。
もちろん、自ら手を使って搾乳することも可能でしょう。ただしやり方を間違えると、おっぱいを傷つけてしまったり、腱鞘炎を発症したりすることもあるんです。搾乳器は、ママにとってあると嬉しい便利グッズなのです。

メデラの搾乳器 シンフォニー

さいごに

いかがでしたか?悩んでいたものや、買い忘れていたものもあったのではないでしょうか?

当サイトでも、ここで紹介した搾乳器やベビースケールの他、ベビーベッドやベビーカーなど、様々なベビー用品をお得に購入・レンタルできます。出産後は何かと入り用なので、出費を抑えるためにもレンタルを賢く利用してくださいね。

この記事のタグ:
, , ,