べびーあいらんど

2020/09/26 公開

ベビーベッドはレンタルするべきって本当?その理由と選びかたについて

子どもができたら非常に嬉しいことですが、予想以上にそろえるものが多いことにびっくりされる人は非常に多いのではないでしょうか。

たとえば、オムツなどの消耗品であれば買う選択肢になりますが、使う期間が決まっているベビーベッドはどうなのでしょうか。

そこで今回は、ベビーベッドはレンタルするべきなのか。

ベビーベッドをレンタルするときの選びかたについてお話しますので、参考にしてみてください。

ベビーベッドの必要性とレンタルする背景

赤ちゃんを迎える際に、購入するべきかどうかを迷ってしまうものがあります。
それはベビーベッドです。

結論から言いますと、ベビーベッドはあると安心です。
なぜなら、ベビーベッドがあることで赤ちゃんや親にとってさまざまなメリットがあるからです。

カーペットや床にいるダニ、ホコリを避けられますし、ベビーベッドの高さにより不慮の事故も防いでくれます。

ベビーベッドのメリットや必要性を感じたために、購入するのが当たり前でしたが、近年はレンタルすると言う選択肢を取られるケースが増えてきました。

ベビーベッドを購入すれば、必要なくなったときに保管場所や処分方法に困ります。

ですが、レンタルであれば必要なくなったときに返却するだけで済みます。

また、短い期間の利用であれば購入するよりもレンタルの費用が安くなる可能性があるため、費用で考えてもレンタルに魅力を感じられるというわけです。

ベビーベッドを利用するメリット

ベビーベッドを利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ホコリや見えないダニなどから回避できる

毎日掃除をしていても、取り除くことが難しい目に見えないホコリやゴミが存在しています。
それ以外にも、ダニやカビ、ウイルスなどが地面から舞ってしまうため、小さな赤ちゃんにとっては脅威と言えます。
ですがベビーベッドそのものに高さがあるため、赤ちゃんにとっての外敵から身を守ることができます。

いたずらの防止ができる

ご自宅に、小さなお姉ちゃんやお兄ちゃん、ペットなどと一緒に暮らしているケースも想定できます。
小さな子どもやペットは、新しいことに興味があるため、パパやママが目を離したすきに赤ちゃんにイタズラをすることがあります。
小さな子どもやペットは、加減を知らないため、ちょっとしたことでも大きな事故になってしまう可能性があります。
ベビーベッドがあれば、高さもありますし柵に守られているため安全性が高まるというメリットがあります。

楽な姿勢で赤ちゃんの世話ができる

赤ちゃんはとても小さいため、お世話をするときには前かがみになったりしゃがんだりしなければなりません。
赤ちゃんを授乳したり、前かがみでお世話をしたりするママからすれば、腰に負担がかかるのは当然のことと言えます。
ベビーベッドがあれば、ベッドの高さがあるため腰に負担がかかりにくい動作で赤ちゃんのお世話ができます。

ベビーベッドを利用するデメリット

何でもそうですが、メリットもあればデメリットもあります。
では、ベビーベッドを利用するするデメリットから見ていきましょう。

ベビーベッドは場所をとってしまう

ベビーベッドを購入する際に、迷ってしまうことがあります。
それはベビーベッドを、どこに設置するのかです。

さすがにベッドと名前が付く以上、自宅のどこかに設置をしないといけません。

広くてスペースに余裕があるご自宅であればいいですが、そうではない場合、非常に置く場所が難しくなってしまいます。

ベビーベッドを利用する期間が決まっている

一度購入したものを、長く使えるのであればいいですが、ベビーベッドの場合はそうもいきません。

赤ちゃんの成長につれて、ベビーベッドの役目を終えるため、いずれは必要なくなります。

ベビーベッドがあればいいのは解りますが、その短い期間のためだけに購入するのは悩ましいですし、購入した場合に役目を終えたときの保管場所にも困ってしまうというわけです。

ベビーベッドのレンタルの選びかたについて

ベビーベッドの高さで選ぶ

ベビーベッドは、種類によって高さが異なります。
そのため、ロータイプのものもあればハイタイプのものもあるというわけです。

ハイタイプであればベビーベッドの位置が高く、しゃがむ必要がないため、おむつ替えなどが非常に楽というメリットがあります。
また、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃん、ペットなどにイタズラをされる可能性が低くなります。

対してロータイプのベビーベッドは高さがない分、圧迫感がないため、イスやソファに座ったときに赤ちゃんが良く見えます。

ベビーベッドのサイズで選ぶ

ベビーベッドは、レギュラーサイズや小型サイズ、コンパクトサイズなどいくつかの種類があります。

ですから、赤ちゃんの成長度合いによってサイズを決めてあげる必要があります。

たとえば、生後4カ月くらいまでは超小型のコンパクトサイズがおすすめですし、小型ベッドでしたら生後1歳くらいまで対応している傾向にあります。

レギュラーサイズは、生後から2歳くらいまでが目安となりますので、赤ちゃんの年齢に合わせて選んであげるようにしましょう。

機能性で選ぶ

ベビーベッドによっては、いくつかの機能がついていることがあります。

たとえば、ベビーサークルがあるベッドですと、ハイハイなどをするためのサークルとして活用できます。

その他には、パパやママのベッドの高さにベビーベッドを合わせることで、横づけが可能となります。

つまり、赤ちゃんと添い寝ができるため、授乳も楽にできますし夜泣きをしてもすぐに対応できます。

そのほかにも、ベビーベッドに収納できたり折りたためたりするタイプなどもあるため、用途に合ったものを選ぶといいでしょう。

少しでもオトクに利用するならベビーベッドのレンタルがおすすめ

ベビーベッドのデメリットとメリットを比較すると、やはり準備しておくべきという判断をするかたは多いはずです。

ですが、利用しなくなったときの保管場所、処分方法の問題でベビーベッドを購入するのに抵抗があるのも事実です。

そこでベビーベッドをわざわざ購入するのではなく、レンタルという選択肢をとることですべて解決できます。

役目を終えたら返却できる

ベビーベッドのレンタルが人気の理由に、役目を終えたら返却できることがあげられます。

仮にベビーベッドを購入した場合はもちろん家族のものですが、役目を終えたときは保管場所や処分方法に困ってしまうものです。

しかも、ベビーベッドですから分解しても結構な場所を取りますし、大きさてきに粗大ごみに分類されるため、処分費用がかかってしまいます。

ベビーベッドをレンタルすれば、必要なときだけ使って、必要がなくなれば返却するだけで済みます。

ベビーベッドは購入よりもレンタル費用が安い

ベビーベッドをレンタルするご家庭が増えているのは、購入するよりも費用がオトクになるケースが多いからです。

使用時期が長ければ長くなるほど購入がオトクになりますが、短い期間であればレンタルがおすすめです。

ベビーベッドのレンタルなら「べびーあいらんど」

ベビーベッドのレンタルなら「べびーあいらんど」にお任せください。

当社では、ベビーベッドのレンタルをはじめ各種ベビー用品の販売やクリーニングに対応しております。

また、最短1ヵ月からベビーベッドのレンタルが可能ですので、ちょっとした期間だけ、お試しで使いたいなどのご要望にもおこたえします。

レンタルしやすい価格帯(送料・回収費込み)と、安全で高品質なベビーベッドを取り揃えております。

ベビーベッドのレンタルをお考えであれば、全国対応のべびーあいらんどをご利用ください。

この記事のタグ:
地域限定割引商品 最大2000円OFF 令和キャンペーン