べびーあいらんど

2020/10/08 公開

ベビーベッドは「購入」と「レンタル」コスパがいいのはどっち?!

ベビーベッドを使用した体験談を聞くと、すごく役立ったという方もいれば、全然使わなかったという方も。

赤ちゃんの背中には、スイッチがあるとよく言われますね。
抱っこで寝かせて、いざベッドに寝かせようとすると起きてしまうというものです。
結局添い寝で寝かしつけ。

これでは、ベビーベッドは利用せずに終わってしまうかもしれません。

ベビーベッドを使用するかどうかは、赤ちゃん次第なので、どうなるかわかりません。
できるだけ、損をしないように準備したいですね。

ここではレンタルした場合と、購入した場合の金額を比較。
メリット・デメリットを比べながら、兄弟の有無、状況によってどちらがお得なのかもチェックしていきます。

ぜひベビーベッド選びの参考にしてみてください。

  1. ベビーベッドの使用期間
  2. ベビーベッドは購入か?レンタルか?
  3. 実際の金額比較
  4. べびーあいらんどのレンタルベビーベッド
  5. おわりに

1、ベビーベッドの使用期間

実際ベビーベッドは、どれぐらいの期間使用できるのでしょうか?
ベビーベッドの使用期間は最長で2年程度。

しかし寝返りをうつようになった、つかまり立ちができるようになったと同時に、親と一緒に寝るようになる場合も多いようです。

また一般的に寝室で使用する場合は長く、リビングで使用する場合は短くなる傾向があります。
これは赤ちゃんの睡眠時間がだんだん短くなり、お昼寝しない時間が増えてくるためです。

さらにペットや、上に兄弟がいる場合は、いたずらされないように長めに使用するご家庭もいらっしゃいます。
使用する環境や、家族構成によってかなり変わってくるため、一概に○○ヶ月とは言い切れません。

2、ベビーベッドは購入か?レンタルか?

実際に使うかどうかわからないベビーベッドは、購入かレンタルか決めるのは難しいですよね。

まずはそれぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。
また購入をしたほうがいい状況と、レンタルの方がいい状況をご紹介します。

2-1. ベビーベッドは購入か?レンタルか?

まずはベビーベッドを購入する場合を考えてみます。

【購入するメリット】

  • 新品を使える
  • 2人目3人目の子どもにも使える
  • デザインなど気に入った商品を買える

【購入するデメリット】

  • 赤ちゃんによっては使わないことがある
  • 使わなくなった場合に置き場に困る
  • 処分しにくい

ではレンタルよりも購入したほうがコスパがいいのは、どういった状況でしょうか?

【購入に向いている状況】

  • どうしてもこのベビーベッドがいいというこだわりがある
  • 2人目、3人目の赤ちゃんを予定している
  • 中古は使いたくない

でも購入しても使わなかったらどうしよう、と心配になりますよね。
もし寝てくれなくてもベビーベッドには、赤ちゃんが寝る以外にも、使い道があります。

赤ちゃんのおむつ替えや、お着替えにも活躍します。
ベッドの種類によっては、ベビーサークルになるものも。
お座りして1人遊びできるようになっても使えるでしょう。

逆に赤ちゃんが動き回るようになったら、触られたくないものをベビーベッドやサークルに入れて届かないようにすることもできます。

2-2. 番外編|リサイクルショップやネットオークション・フリマで購入する

リサイクルショップやネットオークション・フリマアプリなどでも、ベビーベッドを見つけられます。

金額は2万円を超える高額なものから、数千円で購入できるものまでさまざまです。

兄弟がおらず1人しか使用していないベッドは、使用期間も短く、比較的美品のこともあるようです。
数千円でベビーベッドが買えるのであれば、コストを抑えたい方にはいいかもしれません。

ただし注意しなければならないこともあります。

個人から購入する場合は、傷が目立つ可能性も。
衛生面が気になることもあるでしょう。

また説明書がない場合もあります。
組み立て時の写真がないものは、部品が足りない可能性も考えられます。
安くても実は希望の大きさではない場合もあるため、ベッドのサイズも必ず確認しましょう。

気になる商品があれば、出品者に確認して安心して購入できるように。

欲しい時に必ず出品されているとは限らないため、ある程度期間に余裕をもって探すことをおすすめします。

2-3. ベビーベッドをレンタルするメリット・デメリット

【レンタルのメリット】

  • お試しで気になるベビーベッドを使える
  • 使わなかったらすぐに返却できる
  • 保管場所を考えずに済む
  • 処分に困らない
  • 成長に合わせて、ベビーベッドのサイズをかえらえる

【レンタルのデメリット】

  • 長期間レンタルすると、高額になってしまう場合もある
  • きれいにはされているが、使用された感じがある
  • 使いたいタイプのベビーベッドが貸し出し中で借りられない場合がある
  • 1人目だけでなく、2人目3人目の時もレンタルすると高くつく可能性がある

もししばらく使って、気に入れば購入を考えるという方法もあります。
使用期間を自由に決められるのは、レンタルの一番のメリットといえるでしょう。

【レンタルに向いている状況】

  • 今後子どもが増える予定がない
  • 里帰り出産をする予定がある
  • 数か月しか使う予定がない

使用したとしても短期間しか使う予定がない場合は、レンタルの方がコスパがよくなります。
では実際に購入した場合と、レンタルの場合ではどの程度金額に差が出るのでしょうか?

3、実際の金額比較

ベビーベッドをレンタルする場合、コスパもいい6ヶ月間レンタルをする方が多いようです。

ここではヤマサキ製の一般的なサイズのベビーベッドを、べびーあいらんどでレンタルした場合と、楽天市場で最安値で購入した場合の価格を比較してみます。

ツーオープンナチュラル

レンタル(6ヶ月) 購入
12,980円(税込) 37,400円(税込)
  • レンタルはヤマサキのFR180R、購入はヤマサキのDY-212Nで比較しています。

半年間使用した場合、25,000円弱レンタルの方が安くなりますね。

さらに、6ヶ月以降レンタルを延長した場合、1ヶ月に2,200円ずつ加算されます。
1年間レンタルしたとして、+13,200円。

12,980円+13,200円→26,180円

合計が26,180円となります。
それでも1万円以上レンタルの方がお得になりますね。

では兄弟2人が使う場合を考えてみましょう。

1人が1年レンタルして26,180円なので、2人だとその倍です。

26,180円×2(人)→52,360円

これでは購入したほうが、よほどコスパがいいですね。

このことからもわかるように、1人だけ使用する予定であれば、レンタルした方がコスパがよさそうですね。

それでも一度でも人が使ったものに抵抗感がある方もいるでしょう。
そんな方のために、べびーあいらんどでは新品のベッドのレンタルもしています。

4、べびーあいらんどのレンタルベビーベッド

べびーあいらんどのベビーベッドは、すべてヤマサキ製の純国産の製品。
レンタル会社向けに安全性・機能性にこだわって製造したベビーベッドです。

また「シックハウス症候群」の原因とされる有害な化学物質(VOC)である、ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンを取り除いた安全な塗料・接着剤を使用しています。

一部地域を除き送料込み、消費税も込みの、わかりやすい料金設定となっています。

心配な衛生面もメンテナンス専門のスタッフが安全面や機能に問題がないか、商品を一点ずつ入念にチェックし、丁寧に洗浄。
見た目の良さも、ご利用いただいたお客様にご好評いただいています。

【お客様の感想】

レンタル品: ツーオープンミニ ホワイト (千葉県:男性)

高さも調節できてとても使い易かったです。商品もとてもキレイでした。ありがとうございました。

レンタル品: ツーオープン (東京都:女性)

とてもきれいで良かったです。組み立ても簡単で届いてからすぐに使うことができました。上の子がいて、走り回ったりするのでベッドレンタルしてよかったです。赤ちゃんもベッドですやすや寝ていました。ありがとうございました。

それでもできれば新品を使ってあげたいという方のために、新品のレンタルも行っています。

この記事のタグ:
地域限定割引商品 最大2000円OFF 令和キャンペーン